一般社団法人介護相続コンシェルジュ協会代表者プロフィール

氏名 鬼塚 眞子(おにつか しんこ)
生年月日 1958年7月18日生
出身地 大阪府
役職等 一般社団法人 介護相続コンシェルジュ協会 創業者&代表理事
保険・介護・相続ジャーナリスト
治験審査委員
保有資格 国語科教諭(中学校)
AFP(相続・TAX CFP科目合格)
ファイナンシャルプランナー技能士2級
住宅ローン診断士
介護初任者研修修了
介護事務
福祉用具専門相談員
行動援護従業者養成研修修了
同行援護従業者養成研修修了
メンタルヘルス試験(2種)合格
メンタルへルス試験(3種)合格
キャリアコンサルタント養成講座修了
主な著書

保険選びは本当にカン違いだらけ(SB新書)

主なメディア出演

【テレビ・ラジオ】

2006年4月 NHK ゆうどきネットワーク「遺言セミナー人気の秘密」
2011年8月 ラジオ日本「よこはまロハス」
2015年4月 J-COM 「ステキ+LIFE」
2016年5月 TBS 「白熱ライブ ビビット」
2016年9月 文化放送 「キャンサーカフェ」

【新聞・雑誌】

日本経済新聞・読売新聞・日経ヴェリタス・フジサンケイビジネスアイ・読売ファミリー・三重新聞・伊勢新聞・埼玉新聞・週刊ダイヤモンド・週刊東洋経済・週刊エコノミスト・日経マネー・月間BOSS・週刊ポスト・週刊朝日・SPA!・サンデー毎日・婦人公論・週刊女性・女性セブン・女性自身・ケイコとマナブ・CREA・ミキハウス Happy‐Note・婦人公論ムック・サンデー毎日ムック・晋遊舎ムック・FLASH・MONOQLO・暮らし批評・FX攻略.com 他

【WEB】

ビジネスジャーナル 住まいの大学

主な講演・研修

【講演】

アフラック、かんぽ生命、経営塾、JA共済,JAIFA,JEC連合会、住友生命、損保ジャパン日本興亜、損保ジャパンひまわり、太平洋セメント(株)、中小企業同友会、東京海上日動、(株)東急コミュニティー、船井総研、ミキハウス子育て総研(株)、三井住友海上、三井住友あいおい生命、メットライフはじめ保険会社および代理店多数

【研修】

(株)クリエイト(営業力向上・若手リーダー)、日本FP協会継続研修(保険・ライフプラン)、不動産会社(コンプライアンス)、春日部共栄中学高等学校はじめ高校多数(マネープラン・ライフプラン他)、ほけんの窓口(保険)、LEC(AFP資格取得保険講座)ほか

(五十音順 敬称略)

創業の思いと夢

両親が認知症になったことをきっかけに、仕事を辞めるしか介護を続ける方法はないと追い詰められる状態にまでなった。全国の主要都市を回ったり、介護関連の資格を取るうち、介護をする側も知識を身に付け、事前の準備や対策を取れば介護離職は防止できる可能性が高いことを痛感する。自分や親族が介護で振り回された経験は、他の方には味わっていただきたくないと思い(社)介護相続コンシェルジュ協会を立ち上げる。

ごく初期は介護離職防止を中心とした活動を展開していたが、介護は介護状態になっただけで、“暮らし”や親戚・ご近所・友人付き合いも変わることがないことを痛感。実際、複雑多様な化する相談業務が寄せられるうち、心理関係者と士業(弁護士・税理士・金融綜合・不動産・介護関係者など)がチームを組んで解決することが重要だと痛感し、ワンストップの相談業務づくりを構築した。

相談に来られる方は20代から80代と幅広いが、どなたも相談後は顔を輝かせてお帰りになる様子を見るにつけ、”相談を当たり前の文化”にしていきたいとの思いでお客様に寄り添っている。

設立当初から、東京ドームや横浜アリーナのような会場でステージには、若者もお年寄りも楽しめる音楽や芸術のライブイベントを、ロビーでは士業の先生のセミナー&相談会、さらには医療・製薬会社・食品会社・健康・美容・介護関連会社などのブースや展示即売を開催して、知識を身に付けたり、ライブなどに参加できる、何世代もが交流できる場を、いつか必ず提供したいとの夢を持ち続けている。